無人運転

従来の車両の要素に加えて,一部自動化していく流れと

完全に無人の乗り物として,巡回用や夜間の人のいないところにに入れていくという方法がある.