オンリーワンとナンバーワン

ヘーゲルの話を聞くと,

自らがオンリーワンを目指していると,他者がナンバーワンだと認めてくれることが理想であるように思われる.