読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖尿病予備軍は食後血糖値でわかる

江部先生のこの記事で紹介されている
koujiebe.blog95.fc2.com


納 光弘先生のHPがとても興味深いです.
http://www5f.biglobe.ne.jp/~osame/shiminn-igaku-kouza/tounyobyo/3-tonyoubyo/3-tonyobyo-final.html


どうもインシュリンをうまく制御できない(遅れる)人は,
食後高血糖になっているようです.
こういう人は将来的に糖尿病になります.
たぶん私も5年,いや10年前から食後高血糖だったんでしょう.
健康診断でそういう項目あるわけではないので,
全く気づきませんでしたが・・・.
自分がそういう疑いがあるんじゃないか?両親のどちらかが糖尿病だと思う人は,
食後に血糖値を測定することをお勧めします.


別の見方もできます.
年をとると,代謝が落ちて太る…なんてことを言いますが,
実はインシュリンの量の調節がきかなくなって,
太ってるだけなんじゃないでしょうか.
食べた量に対して,過剰にインシュリンを出すことになるので,
そのせいで,たくさん体に脂肪をためこんで,太りやすくなっていると.


僕なんかは昔から小食で,糖尿病発覚前も,
そんなには食べていなかったのに,近年は体重が増加していました.
運動はもとからしていないので,増減はありません.
ずっと代謝が落ちているからなんだなと思っていたのですが,
糖尿病の問題に落とし込むと腑に落ちます.

そう考えると,年を取って,体重が増えている人の
半分くらいの人は,このインシュリンの調節が効かなくなった人
なんじゃないかと私は考えています.