読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫会社員,妻個人事業主の確定申告

今年は,はじめて本格的な確定申告をしてきました.
以下にその顛末を.

1.奥さんの青色申告

奥さんが個人事業主となったので,
思い切って,青色申告してみました.
奥さんが全然やってくれな・・・
奥さんのお手伝いをしたのですが,
かなり大変でした.
※あれで,合っているのかとても不安・・・.

会計ソフトを無料で使い倒し,
経費をポチポチと入力することで,
65万円まで控除されました.
複式簿記.勉強になりました.
いつでも個人事業主になれる知識だけは身につきました.

2.私の確定申告

妻の配偶者控除が外れるのと,
ふるさと納税と雑収入があるので,
国税庁さまのHPを活用して,
こちらもポチポチと入力.
確定申告書類を作成しました.
【確定申告書等作成コーナー】-TOP-画面

3.税務署へ提出

仙台北税務署に行ってきました.
車で行ったのですが,とにかく駐車場へ向かってのひどい行列.
しょうがないので,近所の別の駐車場に停めて歩いていきました.
中に入ってわかったのですが,書類を提出するのではなく,
現地で書類作成する人がいるので,時間がかかるんですね・・・.
私が行ったときは2時間待ちでした.
書類提出だけする人の列をみると,2,3人くらい.
この時期だけのバイトと思われる人にチェックしてもらって,
あっという間に終了.1人およそ3分でした.
世の中,無駄な時間を使う人がたくさんいるものだと思います.
このレベルのチェックなら郵送でいいんだね・・・.
そして,修正したいときにできることも考えるとやはりe-TAXがいいのかなと思います.
一度,税務署を経験することはいいこと(無駄)だと思うので,
次年度からは,考えましょう.

4.訂正申告

ようやく提出して,ホッとしていたのですが,
ミスに気づきました.
妻が個人事業主で,配偶者控除は無理なんだと思ってしまったのですが,
www.integrity.or.jp
なんと,できるではないですか.
うちの妻の所得は青色申告により所得は38万以下だったので,
配偶者控除できるじゃないですか・・・.
実は妻の稼ぎが中途半端で,青色申告意味ないやんと思っていたのですが,
白色申告に比べて,すごく意味あるやんということに気づいたのでした.

その後,修正の仕方をいろいろと検索したのですが,
確定申告の期間内の再提出は,訂正申告と言うそうです.
ao724o.com
なんかをみながら,訂正資料をぽちぽち作成して,
なんとか本日提出しました.

これで終わりだといいな.